3.パチンコ・ホルコン攻略の限界〜ホールコンピュータの魔術(後編)

※新コラム追加
【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略~好調台で勝つ!(リンク)

ホルコン攻略マニアに待ち受ける恐ろしい罠

インターネットの普及とほぼ比例して、ホルコンの噂も全国的に広まってしまいました。70代、80代のおじいさん、おばあさんでさえ、ホルコンの知識を有する人がかなりの割合でいることにも驚かされます。(前編で述べましたように、ホルコンの知識がある人は他人を見て、その人のホルコン知識の有無を一発で見抜けます)

インターネットをやっていない人でも子供や孫から情報を得るのでしょう。今の時代、ホルコンの動きを完全に無視したパチンコ攻略は考えられません。しかし、ホルコン攻略だけでは絶対に常勝者にはなれません。この現実を決して見落としてはならないのです。小額の投資で当たりを何回引いても、単発当たりが連続すれば時間の無駄に終わってしまいます。ホルコン攻略が成功し、一台目、3000円の投資で単発を当てたとしても、2台目に7000円を費やして、それが再び単発であれば、等価交換でもない限り、収支の上では振り出しに戻ったにすぎません。ホルコン攻略で運良く確変を当てたとしても連荘が続かなければ、勝ってもたいした稼ぎにはなりません。結局、ホルコンマニアの大半はホールコンピュータという魔物に弄ばれているだけであり、勝つ時もあれば負ける時もあり、月間収支は熟達者でもせいぜい「プラスマイナスゼロ」に落ち着くのです。

しかし、ホルコン攻略の利点は一日に何台も違う台で当たりが引けることにありますので、あたかも自分がプロになったかのような錯覚を人に与えます。普通の人がパチンコを打てば、結局、一台も当たらずに無念の帰宅をすることも珍しくありませんが、ホルコン攻略に秀でた人がパチンコを打って一回も当たらないことはほとんどないはずです。もちろん、夜の数時間だけの勝負であれば、一回も当たらないこともあるでしょうが、休日の午後や夕方からパチンコをして、ホルコン攻略に秀でた人が閉店までに一回も当たらないということは滅多にありません。むしろ、何回も違う台で当たるのは当たり前のことであり、その日の収支がプラスになったかマイナスになったかということだけが彼らの関心の的なのです。毎回のように、何回も別の台で当たれば、気分は高揚します。しかし、ここに大きな罠が仕掛けられていることを看破すべきです。

ホルコンマニアのパチンコ中毒

ホルコンのことを知らなければ、パチンコ依存症にならないで済んだ人が不運にもホルコンを利用した攻略法を知ってしまったために、連日、パチンコを打つようになり、毎回、多数の台で当たりながら、トータルすれば月に数万円から十万円の範囲で負けてしまうことは珍しくはありません。もちろん、ホルコンのことなど知らない普通の人が毎日パチンコを打てば、一ヶ月のマイナスは数万円や十万円ではすまないでしょう。恐らくひと月で数十万円は財布から消えてしまうでしょう。つまり、ホルコン攻略を実践している人は普通の素人ではないのです。素人ではないために毎日パチンコが打てるお金があるのです。しかし、ホルコン攻略の限界を知らないという点において、彼らは到底プロとは呼べません。ホルコン攻略を基調としつつも、ホルコン攻略の限界を克服するプラスアルファの攻略ノウハウを携えて、月に数十万円のマイナスではなく「数十万円のプラス」を弾き出す実力を持った人が真のプロといえます。

パチンコに埋没しない強い意志

当倶楽部はパチプロを養成する学校のようなものです。最強攻略法・海殺しXには、プロと同等の実力を身に付けるために覚えなければならない事柄として、ホルコン攻略はもちろんのこと、それ以外の攻略ノウハウを凝縮させております。しかし、私どもは皆様が現在のお仕事を辞めて専業プロになることを少しも望んでおりません。当倶楽部のメンバーはいずれも専業プロを遥かに凌ぐパチンコの腕前を誇りますが、全員がまともな職業に就いております。したがって、仕事が忙しい時などはなかなかパチンコが打てないこともあり、パチンコで得る一ヶ月の稼ぎが20万円にすぎないこともあります。しかし、注目すべきは、この20万円をわずか数日で稼ぐ時もあるということです。

では、何故、それほどの実力がありながら専業プロにならないのかという疑問が生じることでしょう。プロの方にはわかりきったことですが、常に数日で20万円を稼ぐことはほぼ不可能なことだからです。4、5日で20万円にならない時は7、8日かけてこの金額を稼がなければなりません。結局、プロといえどもバイオリズムの波から抜け出すことはできないのです。毎回のように爆発させることは無理です。爆発台が取れない時は複数台で4〜5連荘させ、2万円、3万円の薄利に甘んじても、勝ち逃げを繰り返します。数日で20万円稼げたからこそ、時間効率を優先して、その月にこれ以上打っても時間VS収益の関係で得策ではないと判断するわけです。皆様はこの意味がおわかりでしょうか。

プロとアマのパチンコ地獄

いわゆる「パチンコ地獄」には二つのタイプがあります。一つは誰もが知っている「借金地獄」です。もう一つはパチンコのプロのみが陥る「パチンコホール釘付け地獄」です。どのパチンコ店でも、いつもドル箱を山積みにしている常連客がいます。毎日、開店から閉店まで打っている彼らは間違いなく専業プロです。普通の仕事をしている人は連日、朝から晩までパチンコが打てません。無職、いわゆるニートであれば、時間はあり余るほどありますが、お金が続きません。連日、長時間も打てるということは、それなりの稼ぎがあることを物語っています。朝から晩まで打つのではなく、毎日、通勤帰りにホールに現れる人は相当な率でホルコンマニアでしょう。トータルで稼ぐこともできない代わりに、毎月の損失もたかがしれているため、会社の給料を少しだけ減らしているだけの人です。

さて、専業プロという人種は毎日、休むことなくパチンコを打ち続け、それで生活をしているわけですが、彼らを見て幸せと思う人が果たしているでしょうか。実に空しい人生ではないでしょうか。彼らはホルコン攻略をはじめ、各種攻略法を知っているために、稼げるだけ稼ぎたいと思っているのでしょう。しかし、旅行にも行かず、友人と会食することもなく、パチンコ以外になんの趣味も持たず、毎日、約13時間もパチンコ店で「労働」する空しさはいかばかりのものでしょうか。ホルコン攻略、その他の攻略法を知っているから幸せだと思っているのは本人だけではないでしょうか。もしかすると、本人も「こんな人生ではいけない」と焦りを感じながらもパチプロ特有のパチンコ依存症を患っているのかもしれません。

人間にとっての真の幸せとは? 〜パチンコを捨てる勇気

当倶楽部は、人に幸福をもたらすものはお金ではなく「夢の実現」、「自己実現」であると定義します。パチンコはそのための「手段」にすぎず、パチンコを打つこと自体は決して「目的」には成り得ないのです。こう考えれば、自由時間の確保のために、時には思いきってパチンコを捨てなければならない選択も必要になります。パチンコで稼ぎながら、ここまでの悟りが開ければ最高レベルのプロといえるでしょう。

人の幸せの礎となる家族、友人とのふれあい、健康というようなものは決してお金で買うことができない尊いものです。趣味やレジャーはむしろお金を使います。お金を失って幸福感に浸るのです。お金を得ただけで幸せな人がいるとすれば、その人の頭は正常とは言えません。連日、朝から晩までパチンコを打ったとします。ひと月の収益はトッププロでも100万円が限度です。あらゆる犠牲を払って最高でも100万円しか稼げないのが現実なのです。(運が悪ければ、トッププロでも30日間フル稼動で70万円しか稼げないことも有り得ます)

百貨店、スーパーマーケットのパチンコ攻略法?

一日で10万円、20万円を稼げるような触れ込みでパチンコ攻略法を販売している業者を時折見かけますが、例外なく詐欺商法です。もし本物の攻略法であれば、一ヶ月に稼げる金額は数百万円になります。興奮した購入者が友人に情報を漏らせば、人から人へと情報が漏れてゆくうちにパチンコ店は次々と倒産してしまうでしょう。そして、大勢の人々が真面目に仕事をするのが馬鹿らしくなり、会社を辞める人が続出することでしょう。日本経済は大変な打撃を受けることになります。しかし、そういう事態には決してなりません。ウソで塗り固められたパチンコ攻略法には絶対に手を出してはなりません。

ホームページを開設して、様々なパチンコ機種の攻略法を販売している業者もいますが、百貨店やスーパーマーケットのように品揃え豊富にして「さあ、いらっしゃい」と営業できるほど数多くのパチンコ攻略法が存在すると思っている人は今すぐ目を覚まして下さい。

過酷を極めるパチプロ稼業

さて、30日間休むことなく稼ぎまくっても、パチンコで稼げる金額はトッププロでも100万円が上限です。皆様はこれを羨ましいと思いますか。全てを犠牲にして、あらゆる楽しみを放棄して、知力と体力を極限まで駆使して、人間らしい生活すら送ることなく、まともな職にも就かず、なんの社会還元もすることなく稼ぎ出す月収100万円がそんなに価値のあるものでしょうか。パチンコ以外のことを何もせず、誰とも会わず、健康を害してまでパチンコにのめりこむのは愚の骨頂であると思いませんか。運悪く大病でも患えば、折角稼いだお金がその治療費で消えてしまいます。病気にならなくても毎日、長時間もパチンコを打てば、誰だってヘトヘトになってしまいます。なんの楽しみもなく、こんな不健康極まりない生活を続けるよりは、毎朝、ペットと公園で清々しい散歩でも楽しむ方が明日への活力が沸いてくるといえないでしょうか。

月数十万円の副収入を

当倶楽部が「月数十万円の副収入を目指せ」とわざわざ控え目なキャッチフレーズを設けているのはこのような事情があるからです。パチンコは人を幸福に導くこともあれば、不幸のどん底に突き落とすこともできます。私どもは貴重なお時間を割いて当倶楽部のホームページを閲覧されている皆様方を絶対に不幸にはしたくありません。ただそれだけのことです。これは決して美辞麗句ではありません。社会悪に貢献するホームページにしたくない。ただそれだけのことであり、それ以上でもそれ以下でもないのです。

ちなみに、当倶楽部の別のメンバーは連日、パチンコを打ち、月に平均50万円の収益を得ています。連日打ってはいますが、注目すべきは毎回数時間しか打たないということです。爆発した日の稼ぎは一日に10万円近くになりますが、わずか数千円の利益で勝ち逃げすることもあります。一回平均わずか2万5千円の利益が出せれば、20日間で50万円になります。たまに負ける日があっても爆発する日でカバーしますので、全く問題になりません。小利を重ねて勝利する。これこそがパチンコで蓄財する最大の秘訣なのです。

リヴィエラ倶楽部の理念

このように、明確な戦略をもった上で、高尚な悟りの境地に達してパチンコを打てば、本業でまともな社会貢献をしつつ、本業で足りない収入をパチンコで補填し、自らが目指す真の自己実現に着実に一歩近づくことができるのです。当倶楽部の理念がここにあります。このように考える私どもはパチプロの中では異色の存在かもしれません。しかし、ホルコン、ホルコンと騒ぎ立て、連日、ホルコン攻略に狂奔し、パチンコの実力以外になんの魅力もない人間にはなりたくないと常々思います。私どもにとってパチンコとはスケールの小さな人間になるための手段ではなく、一般人には成し遂げることのできないダイナミックな人生を歩むための手段なのです。

ホルコンのカモにならずホルコンをカモにする

ホルコンの噂は今日も日本全国を駆け巡っています。そして、多くの人々が「ホルコン攻略の限界」を知ることなく、パチンコファンの数パーセントがすでに知っている当たり前のこと(ホルコンの法則等)をあたかも重大な秘密でも握ったかのように勘違いして悦に入り、連日のように「ホルコンの奴隷」となっているのです。そもそも連日、パチンコが打てるというのは、それほど負けていないからです。普通の人は数万円の負けが何回か続けば、しばらくパチンコを打つ気にはなれないでしょうし、そんな財力もないでしょう。しかし、ホルコンの奴隷となった人々は普通の人よりも勝率が遥かに高いため、仮にトータルでの収支はマイナスであっても、たいした負けではありませんので、連日のようにパチンコが打てるという妙な特権(?)があります。しかし、この特権は連日、連戦連勝を続ける特権ではありません。実に情けない特権です。

ホルコンの動きを読めば、次に当たる台はかなり絞り込めます。これは紛れもない事実です。しかし、ホールコンピュータの老獪な魔術は、毎日のようにホルコンの奴隷を生み出します。ホルコンを利用した攻略法の存在を知らなければ、彼らはホルコンの奴隷にならずにすんだのです。これを皮肉と言わずなんと言えばよいでしょうか。ろくに調べもせずにホルコンの存在を否定する人は呑気な人にすぎませんが、それなりの研究、観察を積んだにもかかわらずホルコン否定の結論に到達する人は皆無です。認めたくはなくても厳然たる事実である以上、ホルコンの存在は認めるしかありません。

現在のパチンコを攻略する第一歩はホルコンの知識を身に付けることから始まります。しかし、ここで終わってはいけないのです。非常に重要なことですので、もう一度だけ繰り返し述べます。ホルコン攻略だけで勝てるほどパチンコは甘くはないのです。ホルコンの奴隷にならないためには、爆発する前の台の兆候などについても熟知する必要があります。常にドル箱が伸びる台で打たなければなりません。運良くわずかな投資でホルコン攻略が成功しても、ハマリのサインを見抜き、適当な時点で別の台に移動しなければなりません。ホルコン攻略だけでは、そのような判断ができません。ここにパチンコ攻略の難しさがあります。言い換えれば、ホルコン攻略の知識を身に付けて、ようやくスタートラインに立ったということです。

皆様は絶対にホルコンのカモになってはいけません。逆にホルコンをカモにしなければなりません。最強攻略法・海殺しXが皆様にささやかな幸せの訪れを告げる天使の翼となることを願ってやみません。

関連リンク

最強攻略法・海殺しXを他機種に用いて勝つ!
ホールコンピュータによる大当たりの誘発

前のコラム << 

次のコラム >> 

パチンコルネッサンスの仕掛人

リヴィエラ倶楽部

最強攻略法・海殺しX

ページトップに戻る