詐欺商法・偽攻略法にご用心

かつて、パチンコ雑誌は様々な攻略会社の広告で賑わっていました。そのほとんどが誇大広告を通り越して、「虚偽広告」でした。

悪質業者は「強制初当たり打法」、「確変永久連チャン打法」などと称しては、全く効果のない攻略法(?)を法外な価格で販売していました。 当然、顧客からはクレームの電話が殺到することになりますが、「他のお客様は成功しているのに、どうしてあなただけが失敗するのでしょうね」とすっとぼけるのが彼らの常套手段でした。

気の弱い人はここで諦めてしまいますが、正義感の強い人や好戦的な人は「消費者センターに訴える」、「弁護士と相談の上、訴訟を起こす」、「警察に通報する」と戦う姿勢を打ち出します。すると、通常の逃げ口上のトークでは無理と見るや、敵は戦法を一変させ、「あなたのご住所は申込書を見ればわかりますよ。これが意味するところをお察し下さい」と不気味な脅しをかけていたようです。

たいていの被害者はここで敵の正体を知り、愕然とするものですが、困ったことに、「ふさげたことを言うな」と一歩も引かない人も出てくるわけです。しかし、このような「困ったお客さん」に対するカウンターパンチもマニュアル化されていたようです。「ほう、勇敢なお方だ。一週間後に太平洋の水面に遺体が浮かび上がってもよいのですね。そのくらいの覚悟があれば何をしようと自由ですよ」と、この段階になってはじめて敵は本性を現します。とにかくあらゆる手を使って脅します。たとえば、「海が嫌なら山に行きますか。人生の最後は空気が澄んだ場所で迎える方がよろしいかも」といった具合に。

「○○県には、うちの若い衆がいくらでもいる。楽しみですな」と最終的には脅迫という最も卑怯な手段に訴えるのが彼らに共通する特性でした。彼らはパチンコで借金苦に陥った人の心理をよく研究しています。パチンコで背負った借金はパチンコで返す。今まで負けた金額の3倍、4倍を稼ぎたいというパチンコ依存症の人々に共通する心理的弱点を突いたのが、いわゆる「パチンコ攻略詐欺」でした。パチンコで負け続けている人はすでに金銭感覚が麻痺しています。50万円以上の価格でも2、3日で元は 取れると安直に考え、サラ金から金を借り、このような詐欺商売の餌食になったのです。

この事態の収拾のために、ついに警察も始動しました。その結果、ヤクザまがいの商売を展開していた大半の業者が摘発され、今ではパチンコ雑誌の広告に彼らの姿を見ることは滅多になくなりました。又、パチンコ攻略法詐欺の被害者を救済する弁護士のニュービジネスまで始まり、悪徳業者の撲滅に大きな貢献を果たしました。

しかし、警察や弁護士らの活躍は「パチンコ攻略法は全てインチキである」という歪曲化された印象を世間全体に植え付けてしまいました。有益な情報を常識的な価格で販売している業者までが詐欺師であるとの嫌疑をかけられるのは実に理不尽な話です。皆様にはそのような先入観を捨て去った上で当サイトのコンテンツを一つひとつご覧になっていただき、私どもに対する適切なご評価を下していただきたいものです。

本物の攻略法と偽物の攻略法を識別する最初のリトマス試験紙は「セット打法であるか否か」です。セット打法であれば、どんなに安くても決して手を出すべきではありません。セット打法の実態についてはコラムにて詳述致します。

関連リンク

(外部サイト) 海殺しXを詐欺と喧伝する記事は真っ赤なウソ

前のコラム << 

次のコラム >> 

パチンコルネッサンスの仕掛人

リヴィエラ倶楽部

最強攻略法・海殺しX

ページトップに戻る