スーパー海物語M55X3の攻略で腕に磨きを!

10年前の大記録

2016年8月22日、噂の新機種、スーパー海物語M55X3がデビューしました。ご存知のように、これは10年前にパチンコ業界を席巻したスーパー海物語の復刻版です。旧スーパー海物語が世に出た時の衝撃は大変なものでした。出荷台数が60万台を超える記録的な大ヒットとなり、当時、全国のパチンコ屋で設置されていた遊技機の25パーセントを占めていたわけですから最近になってパチンコを始めた方々には想像すらできないことかもしれません。

近年、多少スランプ気味のSANYOは切り札、スーパー海物語IN沖縄4を温存する「じらし作戦」に出た模様です。当倶楽部は今年の夏にSANYOがスーパー海物語IN沖縄4で一気に巻き返しに出ると予想していましたが、2014年から2015年にかけて大海シリーズを乱発したわりには、期待していたほどのヒットには至らなかったため、急遽、予定を変更したものと思われます。もう少しだけファンをじらして、満を持してスーパー海物語IN沖縄4を発表するのでしょう。確証があるわけではありませんが、SANYOはとっくの昔にスーパー海物語IN沖縄4の開発を終えていたと思います。

SANYOの黄金期は苦悩のはじまりだった

さて、旧スーパー海物語は(初代)海物語によって幕が開けたSANYOの栄光の歴史の中で、SANYOを黄金期に突入させた立役者でした。しかし、この機種はSANYOに栄華をもたらしただけではなく、大きな苦悩をも負わせてしまうことになりました。それは競合他社のレベルを引き上げてしまったということです。

これはあることを想起させます。1996年、羽生善治という稀代の天才棋士が将棋界の7つのタイトルを独占しました。史上初の七冠王誕生のニュースは日本中にフィーバーを巻き起こしました。あれから20年の歳月が流れましたが、驚くことに、今でも将棋界の第一人者は羽生さんです。しかし、2016年8月現在、羽生さんは三冠しか保持していません。タイトル数だけ見れば、羽生さんの実力に翳りが見え始めたようにも思えますが、羽生さんは通常の棋士が下り坂を転げ落ちる40代半ばを過ぎた今でも通算勝率が7割を超えています。これは驚異的なことです。勝率6割が一流の証とされる将棋界では、ワンシーズンの勝率が7割というだけでも十分に名誉なことですが、生涯成績で勝率が7割を超えているのはベテラン勢では羽生さんただ一人でしょう。

今、羽生さんはちょうどSANYOと同じ苦しみを味わっています。20年前に羽生さんが成し遂げたタイトル統一は他の棋士を発奮させました。その後、将棋界は羽生世代の棋士(※強い人が異常に集中している)と打倒羽生を目指して羽生世代の先輩たちを追いかける新世代の棋士によって、めざましい技術革新が起こりました。あっという間に従来の定跡が覆され、無数の新戦法を生み出す結果を招きました。言い換えれば、羽生さんが何十人もの強い棋士を育ててしまったわけです。現在の羽生さんは自分が意に反して育ててしまった他の超一流棋士との対戦を余儀なくされており、それが原因で三冠は維持しているものの、最盛期と比較すればやや失速気味となっているのです。羽生さんは少しも弱くなっていないのですが、ライバルや後輩たちが自分のレベルに近づいてきたために、従来のように簡単には勝てなくなってしまいました。最近は20代の若手棋士とタイトル戦を争うことが増えてきましたが、5番勝負ならば3連勝で圧勝とはいかず、フルセットまでもつれ込み、3勝2敗で薄氷の防衛というケースがやけに目立ちます。

同業他社に再び差をつけることができるか?

旧スーパー海物語が全国の遊技機設置台数の4分の1を占めたという快挙は羽生さんが達成した七冠独占と同レベルともいえる未曽有の大記録でした。これは他のメーカーにとっては死活問題でもありました。このままでは倒産の憂き目に遭う・・・この悲壮感がライバル他社を躍進させてしまったわけです。

ひとたびチャンピオンの座に君臨した者は現状を維持するだけで精一杯なのが普通です。しかし、ボクシングの世界では、マニー・パッキャオという天才ボクサーがひとつの階級でチャンピオンになるたびに、体重を増やして再びチャンピオンになるという快挙を成し遂げました。何と6階級にわたって、制覇したのです。SANYOにもこのような活躍を期待しています。

今、SANYOに求められていることは元チャンピオンから現役チャンピオンへの復帰にほかなりません。復刻版のスーパー海物語M55X3で当面は様子見をして、その後、機が熟した時に切り札のスーパー海物語IN沖縄4で勝負に出るものと思われます。その時はちょっとやそっとの勝利に甘んじるべきではなく、再び未曽有の大記録に挑むべきです。再びライバル他社に大きく差をつけることができれば、しばらくの間は安泰となり、海物語シリーズの寿命を延ばすことにもつながるでしょう。

スーパー海物語M55X3で連戦連勝を

最強攻略法・海殺しXは初代スーパー海物語の時代に開発され、その後の研究によりオプショナル商品「カシオペア攻略術」が加わりました。スーパー海物語系の機種とは特に相性が良いのが特長です。再び基本に立ち返って、各種ノウハウを試しながら、ますます腕に磨きをかけていただきたいものです。最強攻略法・海殺しXのユーザーの皆様の更なるご活躍を楽しみにしております。

関連リンク

【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略~好調台で勝つ!(前編)
【徹底ガイド】スーパー海物語IN沖縄4の攻略~好調台で勝つ!(後編)

前のコラム << 

次のコラム >> 

パチンコルネッサンスの仕掛人

リヴィエラ倶楽部

最強攻略法・海殺しX

ページトップに戻る